Profile

相原 菜摘(NATSUKI AIHARA)

■森塾 東戸塚校 講師
■東洋大学文学部 4年生
■先生デビュー:大学1年生の夏
■アルバイトを始めたきっかけ:教育に興味があったから

塾っぽくない雰囲気がイイんです。

Q:相原さんは初バイトが森塾の講師?
いや、飲食店でバイトしたことがあります。でも、何カ月かすると、「この仕事、私じゃなくてもいいじゃん」と思って。もっと試行錯誤できて、頑張ったら成長できるような、そういうバイトがしたくなったんですよね。
Q:森塾を選んだ理由は?
実はバイト探しをするまで、森塾のこと全然知らなかったんです。でもネットで募集ページを見たら、全然塾っぽくなくて。そこに惹かれました(笑)。
Q:実際の雰囲気はどうだった?
先生も生徒も、ワイワイと楽しそうでビックリしました。「褒める」スタイルの個別指導で、一人ひとりの生徒さんとのやりとりを大事にできるからでしょうね。
Q:アルバイトの先生同士の仲は?
すごく仲が良いですよ!新人の時から先輩たちが歓迎してくれましたし。先生同士でご飯に行ったり、ボーリング大会やったり、BBQしたり、思い出も結構増えました。
Q:嬉しかったエピソードは?
もともと勉強に苦手意識を持っていた生徒が、卒業した今も、教室に遊びに来てくれること!彼女の居場所を作ってあげられたのかなと思うと嬉しいです。
Q:バイトを通して成長できた?
森塾は生徒だけじゃなく、先生も頑張るとすごく褒められるんですね。おかげで、色々なことに積極的になれたし、人との触れあいを大事にするようになりましたね。
Q:1年生の頃とは全然違う?
大学のグループ学習とかも、自分からアイデアをどんどん発信しますし。友達との遊びも、「皆で旅に行こうよ!」なんて自分から企画したり。何でも積極的に楽しめる自分になったと思います(笑)。
バイトのおかげで思い出も増えた!
この4年弱、バイトも楽しかったけど、バイト仲間とのイベントも本当に楽しかったです!本当に楽しかったから、週3日はシフトに入ってましたけど、週2日の先生も多いです。それに私、ソフトバンクホークスの大ファンで、バイト代を貯めては試合観戦に行ってます(笑)。推しは何といっても内川選手!鷹ガールの友達と、「いつか福岡ドームに行こうね」って盛り上がってます。