Profile

堀内 祐貴(YUKI HORIUCHI)

■森塾 綱島校 講師
■慶應義塾大学 大学院 理工学研究科 修士1年
■講師デビュー:大学1年生の夏
■アルバイトを始めたきっかけ:人と話すのが好きだったから

「楽しい」を重視しているから、退屈しない!

Q:森塾のバイトを選んだ理由は?
バイト選びの時に、まず人と接する仕事がいいなと。それに元々、子どもが好きなので、個別指導の塾はいいかもと思ったんですよ。ただ、塾のバイトでもスーツ着るのはちょっとなあと思っていたら、「私服OK」の森塾に出会ったんです(笑)。
Q:私服で働けるのは魅力だった?
大学1年生にとっては結構大きなポイントでしたね。それに大学のカリキュラムがかなり忙しかったので、授業の少ない日を選んで、週1~2日から働けるのも重要でした。
Q:実際やってみてどうだった?
退屈だったり、しんどい時ってつい時計見ちゃいますよね。講師のバイト中は、その瞬間が全然ないんですよ。小学生の授業が1コマ45分、中高生が1コマ80分なんですけど、生徒と接するのに集中しているから、あっという間に時間が過ぎちゃう。
Q:授業をするのが楽しい?
森塾の生徒って、そもそも勉強が苦手な子も多いんです。だから、まず楽しい雰囲気が大事なんですよね。といっても、最初の最初は、頭が真っ白になったこともあります(苦笑)。
Q:先生としてレベルアップできた理由は?
テキストやマニュアルがとにかくしっかり整っています。それに先輩たちが親身にフォローしてくれるから、1カ月もすると慣れて、1学期受け持ったら全体を見る余裕がちょっと出てくるんです。
Q:先生未経験でも大丈夫?
僕みたいに人と話すのが好き、子どもが好きくらいの小さなきっかけがあればやってみる価値ありだと思います。勉強も全教科得意じゃなきゃダメってわけじゃなくて、苦手な教科がある先生もいますからね。楽しくバイトしたい人なら、オススメですよ!
仲間やペットとの楽しい時間!
一番嬉しいのは、教室で気の置けない仲間がたくさんできたこと。一緒にキャンプに行ったり、夏期講習後の時期の秋休みに皆で遊びに行ったり。本当にアットホームな雰囲気で、楽しい記憶がたくさんあります。それと、子どもの頃から動物好きで、今も一人暮らしのマンションで亀とかヤモリとかカクレクマノミとか色々飼っているんですね。講師のバイト代で、ペットたちの環境を充実させてあげられたのも嬉しいポイントです(笑)。